スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お四国歩けばー5

 昨日の夕方には雲も切れたが夜中に強雨の音で目が覚めた。出発が心配だったが5時40分の出発頃には上がった。今日は13大日寺から17井戸寺を回って地蔵越を通過の予定だ。

 四国の東祖谷には村の住人より多くのカカシ住人の村が有るが、この街道のカカシは結婚式から子供が生まれて、小学校の入学式・・・・とも白髪までの物語になっている。カカシに結婚祝を言ったり、色々な話をする時間が取れるのは歩け遍路のご利益だ。 




 13番大日寺はお葬式の最中だった。八十八ヶ寺もお葬式をするのだ?と当り前の事を知った。集まっている人たちは故人所隣近所、同じ町内の総掛りで運営する昔ながらのお葬式を垣間見た。


 14番常楽寺は大きな岩の上に、寺の一画が青色の岩の上に建てられている。寺には瓦葺の山門は無いが二本の石柱の間を登る。


 15番国分寺古いお堂だが圧倒される荘厳な造りで総二階の本堂は欅造りに重厚な彫り物が幾多彫られている。何度も振り返り振り返り後にしたが、それでも去り難く裏に回って見返した。



 この遍路ではじめてのお接待を頂いた。徳島の市内からタクシーにお茶屋お饅頭を積んでお接待に通っておられるそうだ。


 16番観音寺は道路に押し付けられたように手狭な造りだ。


 17番井戸寺。寺名になった井戸が現存している。



 地蔵院横の公園には四阿やトイレ、水が揃っているので大変に有難い休憩所だ。10年まえのお遍路で知ってから自転車で100名山旅でも使わせてもらった。
 今回は通過して、地蔵院の裏から地蔵越の山道を行く。最も古い遍路道の形状を良く残している。
細くて急坂、足場は良くない。雨の日には山道が小川になるだろう。今日は昨日の雨水が滲み出してよく滑った。
 峠の頂きには地蔵が祀られている。地蔵の背中側から登って前の道を下る。下り道は直すぐ下る道と左に巻く道がある。巻き道が正解である。



 峠から国道55に出て、勝浦川橋の先に新町温泉が有るという話だったので探したが見つからなかった。露の木休憩所を使わせてもらった。宿泊は出来ない決まりの休憩所ですが疲れ果てていたのでお大師さんにお許しを貰って寝ることにしました。私の後に4人もの善男がお大師さんのお引き合わせで一夜を過ごしました。中はタイル張りで細長い8畳です。造りに不満は無いのですが目の前が幹線道路なので一晩中トラックの爆音に悩まされました。





 おわり
スポンサーサイト
プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。