スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お四国歩けばー24

5月20日 (金)
 起床 2時36分
 出発 4時06分  12℃ 快晴



 今日は走りに走った話です。
 走ったのは午後5時の納経所の閉まる時間との競争になったからです。従って、きょうの最後の行動ですが、このお遍路中に慌てたのは初めてだったので、この話から。

 大雑把に言って、44番、45番札所が在る久万高原は松山市の南に接しています。久万と松山の間に在るのが三坂峠です。
 久万高原はもともと標高が高い上に、峠の頂までの昔からの遍路道は国道を拓く時に潰されてしまったので今では国道を緩やかに登ります。しかし、結構長い登りで、峠の休憩所で一休みが二休みに・・・。気がつくと一眠り。
 峠から46番札所浄瑠璃寺までは7.7㎞、その先に47番札所が・・・・。

 下り道と軽く思ったのが大間違いで、旧道の遍路道は急坂下りが連続するし、道は荒れているし、靴は底が薄いジョギングシューズだし、荷物は重いし・・・・。

 どうにか捻挫もせずに山道を下って林道で時計は3時を過ぎていました。
 エッ、ホント~。まだ7㎞も有ります。
 単に2時間で7㎞なら問題は無いのですが、プラスお参りと納経所の時間が必要です。場合によっては、ザックを道端に放り出してでも間に合いたい一心です。
 
 15kgザックは背中で暴れるし、足裏は地面に叩き着けられて悲鳴をあげるし・・・。

 初めのお寺46番札所浄瑠璃寺に着いたのは4時半で急いでお参りをした。お大師さんには明日の朝に再びお参りに来ますからとお許しを頂いて御朱印を頂いた。これで一つ目のお寺はクリヤできた。お寺の奥さんに、次のお寺までは15分だから間に合うよと励まされて、ザックを担いで走った。

 二番目のお寺、47番札所八坂寺には4時45分着。お参りをして納経所にようやく間に合った。
 こんなに焦ったのは収印のためだけでは無くて、今夜はこのお寺の通夜堂をお借りする予定をしていたからだ。

47番札所 八坂寺




 このお寺では歩き遍路を通夜堂に泊めてくださる。通夜堂の大きさは6畳二間のプレハブである。




 お四国では歩き遍路は特別な憧憬と尊敬をもって扱われる。
 道ですれ違う多くの人が「ご苦労さまです」と会釈する。遍路を出来ない人に代わって修業をしてくれていると、とるわけです。
 すれ違った女性がエプロンのポケットを探って3個の飴玉をお接待してくれたこともある。勿論、有難くお礼を言って頂く。八坂寺ではビタミン剤をお接待して頂いた。また、明日も元気で同行二人のお勤めをして欲しいとの意志である。





 話が前後するが、今日は久万運動公園から45番札所岩屋寺にお参りしてから松山市方向へ行く。

45番札所岩屋寺

 山旅を長い間続けてきたお陰で色々な地質や地形を見てきたが、ここ岩屋寺が建っている場所のち軽も特徴的だ。




 お堂は岩峰のえぐれた所に押し込まれたように張り付いている。岩屋寺が建っているのと同じ岩峰が、県道からは10は見えるがこの一帯では20ヶ所は在るそうだ。この穴だらけの岩山は地質の教科書では有名な三波川変成帯だが現物を初めて見れたので大変嬉しい。こんな時、旅の醍醐味を感じる。




 大法寺から岩屋寺へ約10㎞行って、それからもう一度大法寺へ戻る(このように一度行ってから引き返す事を「打ち戻る」という)。それから三坂峠を越える話に繋がります。



 私は 私大阪に有る山の会に所属しているが、私のブログをフォローしてくれているメンバーからメールをもらた。
 先日、宇和島の町を紹介した中に和霊神社にも一言触れたが、なんと、そのメンバーが育ったのは和霊神社の直ぐそばだったそうだ。また、私が前夜泊まった須ノ川公園のことも懐かしく思われた。
 私が生涯に2度しか行かない所に地縁の有る人が居るとは。


今日の行動
 出発 4時6分  到着 16時45分  38.96㎞
スポンサーサイト
プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。