スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ始まった 2009年 自転車で100名山

7月15日。関東甲信の梅雨明けを待って東京から出発した。

真夏のサイクリングは地獄だ。コンビニを見るとアイス、自販機を見つけるとジュース。1日に3リットルも飲んでいるのにトイレに行きたくない。全部汗になったと思うと、なんだか身体に良くない事をしている気がする。


旅の初めはペースが上がらないのは例年の事だが、それにしても50kmしか走れなかったのはショックだった。毎年持久力が落ちるのは自然の摂理と受け入れざるをえないが、検診で今年初めて悪玉コレステロール値が高く大動脈に動脈硬化の兆候有りと言われたのはこえる。無理をせずに有酸素運動でリカバリーを期待します。 (約2カ月の旅行の後の検診では善玉コレステロールが55から94へほぼ倍増したのには医者も自転車旅行の効果に驚いていた) 

この日は津久井湖の県立公園の大きな屋根の下に銀マットを広げて、シュラフを掛けて寝たが、夜中には寒さが堪らずにテントを張って、テントに入ってからは5時まで熟睡できた。やはり、山の中に来ると、昼の暑さは都会と変わらなくても朝夕は長袖が要る。
今日の走行距離は48,9km。積算登坂高度は159m。

7月16日。今日の目標は国道20で笹子トンネルを越えること。

もうすぐ天下の名勝地 猿橋 と気が緩んだ途端に・・・・・・ありゃりゃ!!

RIMG1798繝懊き繧キ_convert_20090802074706 

旅の2日目にして早速のパンク。炎天下での修理になった。

RIMG1828繝懊き繧キ_convert_20090802074841 原因はトラックに追われで路側に寄った時に、2ミリほどの針金が刺さった。

逕サ蜒・21_convert_20090731100753 タイヤとリムに付けたマーカーのお陰でタイヤに刺さった針金を見付けて二次パンクを防ぐことができた。

パンク修理のノウハウはhttp://jitennsyade100meizan.blog68.fc2.com/blog-entry-14.html

 

スリル満点の笹子トンネル

 笹子トンネルは長さ4km、歩道も無い、ぎりぎり二車線でスリル満点。自転車のテールには、暗くなれば自動点灯のランプ2台、大型のフラッシュライトが一台。

自動車のドライバーが明るい道路からトンネルに入ると数秒間は瞳孔が絞られたままで視界が得られない。要するにこの時間は目をつぶって運転しているのと同じ状態になる。トンネル通過で最も恐れるのはこの数秒間である。トンネルに入ってから自動車のドライバーが視界を取り戻す50~100m先までは自転車を必死に漕ぐ。

テールのフラッシュライトと必死の走りで一応、万全の積もりだが後はトラックのドライバーが起きているかが心配ではある。

笹子トンネルに入ってしまうと勾配も緩く楽に走れて、無事に通過。


道の駅:甲斐大和裏の公園:トンネルの音が共鳴するのが玉にキズ 

北側出口の道の駅「甲斐大和」にテントを張ったが

明け方から強い雨になって、1日雨宿りになった。
この東屋は道の駅から短い階段を登ったところで、この小公園にはほとんど人が来ないのでビバークには理想的だが、唯一の欠点は笹子トンネル手前の雪崩シェルターに共鳴する自動車の騒音である。

今日の走行距離は95,5km。積算登坂高度は959m。
連続の登坂にしては距離が延びたのにはホッとした。

おわり

ps.詳しいレポートは、この旅から帰る晩秋以降に大阪労山機関紙「労山ニュース」に投稿の予定です。

スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

tag : サイクリング 笹子トンネル 猿橋 大和甲斐

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。