スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お四国歩けばー3

 4月28日  起床 2時30分 曇り
        出発 4時03分

 今日のコースは山道を越える四国遍路でも最もしんどい道なので、早めに出発する。
 13㎞のコースで700m から800m弱の尾根歩きだが尾根を横切る県道や林道と三度出合うと、その度に数十メートルのアップダウンを強いられる。山歩きの登山道から言うと当たり前のレベルだが、遍路道を甘く見る訳ではないが歩けば兎に角しんどい道だ。発心道場阿波の国では最難関だ。ここで発心が偽物だったか真の発心かが試されるといわれている。

 鴨の湯いやしの舎を4時3分に出る。今日は午後から雨の予報なので降り出す前に12番札所焼山寺に入りたい。(鴨の湯は藤井寺の山門を下って小橋を渡り、川沿いの道をひたすら下り信号で右折、それから信号、点滅信号の50m程先の右手。明朝、暗い内に藤井寺に行くには、曲がり角をよく見ておく。信号のない所が問題だった)。 

 昨日お参りした藤井寺の本堂の左脇から焼山寺への遍路道は始まる。ヒノキの林の斜面に付けられた折り返しをひたすら歩く。
端山休憩所の四阿まで登ると東西に流れる吉野川の両岸の集落を見渡せる。一昨日、昨日と歩いた札所は対岸に見えているはずだが私の目には定かではなかった。


 長戸庵は小さなお動である。ベンチで小休止をとる。藤井寺を4時30分に出発したが長戸庵は6時30分だった。藤井寺から3.2㎞に2時間を要している。この計算で行くと全行程13㎞は8時間はかかることになる。少しペースを上げる。


 柳水庵は総二階づくりの大きな建物だが行者の住み手が無いのか締切られている。


 住む人は無くても季節の花は昔と変わらずに柳水庵を飾っている。


 柳水庵から少し下ると休憩所がある。布団も二組有るので泊まることも良いのだろう。水は庭先に豊富だがトイレは柳水庵まで少し坂を登らねばならない。


 休憩所の前は県道245の峠である。県道を横切って遍路道は続く。尾根に近い所を通っているわりには外界を見る機会は無い。


 地道の荒れた林道を行くと巨大な杉の老木に突き当たる。浄蓮庵という小さなお堂があるので休憩する。大杉の前には弘法大師の銅像が立っている。


 一気に350mほど下って林道を横切ると最後の急な登りが300mほど続く。へんろころがしの急坂に嫌気が指す頃に焼山寺のお堂の屋根がヒノキ林の向こうに見える。新しい玉垣の道を行くとやっと12番札所焼山寺の山門である。11時20分。25,033歩。
 やはり10年の歳月は私の歩く能力を一段と奪ったようだ。





 明日は一日中雨降りとなると雨宿り対策に四阿と食料の補充が必要だ。
道の駅 温泉の里 神山 に行く。
 温泉に入れるのを楽しみにしたが道の駅には温泉は無かった。食堂があるので食料は心配無い。
 横の四阿にツエルトを押し込む。四阿には作り付けのテーブルとベンチが有るのでテントを張ることは出来ないがツエルトの柔軟さがこのような時には有難い。




道の駅・温泉の里 神山 着  15時    24.9km
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。