スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アルプス易老渡への道路事情

自転車で南アルプスをめぐる100名山の旅から帰ってきました。(サムネイル写真はクリックすると拡大します)

この晩夏から秋にかけて、光岳や聖岳へのアプローチに易老渡をご予定の方もお有りかと思いますので現地で得た道路情報をお伝えします。

 

中央構造線の断層:北川露頭

中央構造線の断層:北川露頭::国道152沿いには観察できる露頭が数か所在る。

国道152は中央構造線が彫り込んだ谷を走っているので周辺には不安定な地盤が多く、特に地蔵峠青崩峠は地盤変動が激しくて国道が断絶し、その部分を林道で繋いでいます。

蝗ス驕・52_convert_20090827092657

RIMG3163_convert_20090823150214.jpg地蔵峠の由来のお地蔵さま。


地蔵峠を下り5kmで「上村中・小」の信号、さらに3kmで上島トンネルです。

RIMG3175_convert_20090823150427.jpg   

この写真はトンネルの北側からのものです。トンネルのすぐ北側が上島のバス停で、易老渡への道はバス停横のT字型を西折してスノーシェードを通ってトンネルの上を通過します。



この易老渡への道が通行止(8月17日~11月30日)です


 


RIMG3179_convert_20090823150536.jpg

 

RIMG3173_convert_20090827170032.jpg RIMG3174_convert_20090827170123.jpg
  これらは何れもトンネルの北側の道標です。右の写真の「登山者カード提出所、案内所  800m先」とある”レストラン梨元ていしゃば”の南隣のバス停・本谷口のことです。

 


RIMG3180_convert_20090827170352.jpg  トンネルを南に抜けた所のレストラン“梨元ていしゃば”の主人の話によると、「林道の崩落が大規模で、修復するには巨額の工事費が要るから、将来も修復は出来ない」との見通しでしたが・・・・・・・・・・・。

南に5kmほどの道の駅“遠山郷”(温泉がある)に併設された飯田市の案内所で、レストランの主人の意見を確認すると「改修工事は予定期間で完了し、その後は通行できる」そうだ。



RIMG3183_convert_20090827170536.jpgレストラン横のバス停・本谷口。登山者カードポストがあり登山情報はレストランの主人から得られるようだ。


工事期間中はトンネルから北に3kmの「上村中・小」の信号から東に入り、中立、上中根を経て本村で林道御池山線に入ることになります。

 



また、Touring Mapple などの道路地図では易老渡への道として、屋敷集落や本村などを通らずに遠山川に沿って北又渡までの道が表示されたものがありますが、”梨元ていしゃば”の主人によると、この道は途中で行き止まりになっているそうです。


出かける前には飯田市にご確認ください。

 

 

RIMG3203_convert_20090823150958.jpg 国道152にまつわる3つの峠の思い出は後刻レポートします。

                                            
 おわり

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

tag : 易老渡 南アルプス 中央構造線 分杭峠 塩川 塩見岳 地蔵峠 兵越峠 青崩峠

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。