スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17- 最北の稚内

9月1日 
 起床 4:55 晴 15度 
  15度が当り前になってきた。夜中にフリースに袖を通した。

 今日も日本海沿いの道を北上します。

 とまえ町を通りました。巨大な熊のモニュメントがシンボルです。これは明治期に開拓部落が巨大なヒグマに襲われて妊婦を初め子供や大人が数名犠牲になる惨劇が起きた町です。この話は小説熊嵐になっています。




 天塩からは道道106でサロベツ原野を北上します。
 信号も電柱もガードレールもない道を淡々と走る。




 50㎞の間で食堂はコウホネの家だけです。ここ以外には自販機も有りません。自転車ならパンと水は持たないと危険。前回は腹ペコになった。




 北緯45度のモニュメントを通過する。北半球のちょうど半分。




 この付近は地吹雪で自動車に乗っていても遭難するので緊急時に自動車のままで入り込めるシェルターが道路に被さっている。




 今日は110㎞を走って稚内に着いた。
 10年前の北海道旅行では暗くなってから稚内駅に着いたせいか、最果てに土地に流れ着いた疲れ果てた旅人が似合う暗く沈んだ駅だった。しかし、今回は何処にでもあるチャラチャラした駅舎になっていた。
 それでも、最北の鉄路という位置付けは変わっていなかった。以前の線路の終端が位置をそのままに残されてモニュメントになっている。



 道の駅・わっかないはJRの駅も含めた商業ビルが道の駅だ。


 目的地に着くと、先ずはネグラを探さなくては・・・。
 以前の経験から北防波堤ドームを偵察に行った。
 
 以前は、ドームの前は利尻・礼文航路のフェリー乗場が在ってゴチャゴチャした雑多な所だったが、今ではフェリー乗場は徒歩10分ほどの波止場に移って目の前は広大な広場になっていた。トイレと蛇口は徒歩2分、食品スーパーは7分、相変わらず旅人には有難い場所だ。




 広場の中央には直径10mほどの円形の石造物が埋め込まれてている。北東アジアの地図だ。稚内は札幌に行くよりもナホトカやハバロフスクの方が近いのだ。フェリー乗場には国際線ターミナルが有るのも頷ける。




 巨大なドームの端から端までぼんぼりが下がっていて何かのお祭りが有ったのだろう。これでは寝られない、と思いながら目の前の広場を散策していると大勢がやって来てボンボリを片付けて去っていった。有難くドームにテントを張った。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。