スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25- 27 まだまだ続く雨宿り

9月9日 
 テントが明るいので夜中に目覚めた。今夜は中秋の明月だった、これは好好と期待を持って続き寝をした。
 起床 4時 強い雨音で目覚める。大きな東屋だが海風に乗って雨が舞い込む。これでは行動は不能とふて寝する。
 それにしても、月が明るいといっては目覚め、雨音がするといっては目覚める。なんともテント生活は自然と一体と喜ぶべきか、熟睡出来ずに老化を早めるか?

 
 6時頃 雨は上がるがオホーツク海からの風に乗って次々と黒雲が押し寄せる。これでは何時から降るか分からないので雨停滞を決め込む。


9月10日
9月11日
 昨日と同じ、降っては止み、止んでは降るの繰り返し。
 北海道だけでは無く、関西地方まで寒気が入り込んで各地に大雨を降らせている。大阪池田や兵庫県伊丹も時間雨量100ミリと言っている。
 ラジオは朝から晩まで北海道内の大雨警報を放送している。


 小止みの隙をついて道の駅を探索する。
 マリンアイランド岡島というネーミングに合わせて道の駅の建物は船の形だ。




 道の駅の裏は海で、一段低い所に100ボルト電源が使えるオートキャンプ場がある。今はもうオフシーズンなのか、皆が勝手にキャンプをしているようだ。ここを基地にして裏の海岸でサケ釣りに励む人もある。一度に20人が調理できる流し場もある。




 道の駅のトイレにはヒグマ出現のポスターがあった。私のテント場のすぐ横は林なんだが・・・。




 ヒグマと云えば、苫小牧の国道(室蘭と札幌を結ぶ幹線国道、片側2車線)で体長が2mの熊が自動車と衝突したとラジオが伝えた。自動車は破損したが熊はそのまま森に帰ったそうな。本当に北海道は異境の場所だ。本当に魅力が一杯。


 明日の天気は???

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。