スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34- 知床峠を越えて

9月18日(木)
 起床 4:00 晴 3度
  流石に寒くなってきた、シュラフカバーを掛けて凌いでいるが時々目が覚める。夜中のトイレが寒い。
 出発 6:27 曇り 5度
  テントもフライもグランドシートも傘も、何から何までびしょ濡れだ。山なら当り前の事だが下界では不快に感じてしまう。出発準備に思わぬ時間を要した。段々、判断や手順がスムーズで無くなって来たのだろう。


 道の駅・うとろ 6時48分 1.16㎞ 標高5m
 
 知床自然センター 7時37分 7.20㎞ 標高165m
 フレべの滝へ行く。
  道は上高地の徳沢園付近の様相だ。水楢とダテカンバの小道を10分ほど歩くと耐風植物のカシワ(柏餅の葉)に変わりやがて笹原になると、フレベの滝の見物台が見える。
 フレベの滝は溶岩の層の間から滲み出す水がほとほとと落ちるのだ。まるで乙女の涙のように。
 往復約50分だ。




 自然センターの前で知床峠と知床五湖への道に別れる。
緩やかな登り道だが10㎞もあるので段々とギアを落とさないと足がついて行けない。
標高370m(峠の標高740mの半分)9時17分 11.5㎞(自然センターは7.37㎞)
標高500m 9時53分




 知床峠 11時03分 740m
 今年も押すこと無く登り切る事が出来た。11年前は10月の5日頃だったので寒くて峠で休憩する余裕も無かったので、今回は2週間ばかり早い時期を選んだのが正解だった。ゆっくり写真を撮ることも出来た。



 この景色を見るのは二度目だのに何故か胸騒ぎがする。国粋主義者では無いつもりだが国土を失うということは人間の生存を脅かす事象なのだろう。目の前42㎞に横たわる国後島の余りの近さに慄く。





 道の駅・らうす  12時30分 37.5㎞
 魚の販売店に挟まれたなんとも小さな案内所とトイレだけ。
 
 


 道の駅の食堂で サケ三昧丼 1.800円を食べた。
 三分の一がイクラ、三分の一がサケのフレーク、三分の一がサケの刺身(極薄切りが4枚)、中々満足を得られない。町の食料品店で刺身を探したが、刺身は自宅で作るもので買う習慣は無いよ、と言われてしまった。ウトロでも同様だったが、本当に漁港で刺身を食う難しさに直面している。


 明日は根室の方向へ行こう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。