スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37- 根室は美味しい季節だ

9月21日(日)
 起床 4時 快晴 6度
 出発 6時 快晴 10度


 野付半島の向こうに国後島が見える。道の駅・おだいとうの庇の下から出発する。

 根室湾沿いをひたすら南下する道だが時々15mほどのアップダウンを繰り返すが総体的には気持ちの良い快適な道だ。

 奥行PAは元々は軽便鉄道が走っていて時代の奥行駅の近くに造られたパーキングエリアだ。
 大きな東屋の真ん中に真四角な大きなベンチが有るが一人用のテントなら楽勝だ。トイレと蛇口が備わっているなど道の駅・尾岱沼よりはよっぽど良い。しかし、どう見ても近辺には商店もコンビニも無い。


 根室市に入って厚床町になるとコンビニが有るので二度目の朝飯を食べる。


 道の駅・スワンは白鳥の飛来で有名な風蓮湖に面している。11年前の旅の想い出の一つに、この駅のインフォメーションの担当者の気持ちの良い対応がある。その後、ほとんど全国を回ったが矢張りこの駅の対応は一番だと思った。今回の担当者は若い女性に変わっていたが、素早い飲み込みと本当に気持ちの良い対応だった。




 根室市街に入ると早速ネグラの偵察をした。運動公園に入ってみて11年前を思い出した。大きな公園だが東屋は無かったが、何か変わっていないかと走っていると、「おにいさんー、チョット、寄って行き」と昔のうら若い女性から声が掛かった。
 町内会のバーベキュウ大会をやっているから一緒にどうだ、とのお誘いだった。
 豚肉の串焼きを山盛り、野菜炒めも山盛り。久しぶりに人と会話を楽しみながら食事をした。腹一杯頂いて失礼する段に「今夜、寝るならときわ公園が良いよ。水道も有るし」と、有難い情報も頂いた。



 根室の町はサンマ祭りの最中だった。
 漁港の特設会場は大変な人出だ。10mは有りそうな特製コンロが所狭しと並んでいて。どのコンロも人だかりがしている。


 ここでサンマを食べる方法。
 先ず、100円でトレイと割り箸を買う。




 次に生サンマをもらう。
 コンロの開いている所にサンマを割り込ませる。




 自分のサンマが迷子にならないか全神経を集中して見張り続ける。
 煙に耐えながら時々、サンマをひっくり返す。




 焼けたらトレイに取ってレモン汁を振り掛ける。
 

 

 や~、美味しかった。骨の写真を撮るのを忘れた。

 炭焼きサンマを食べるのは何十年ぶりだろうか。
 
 矢張り、焼き魚は強火の遠火が必須と確認した。


 
 明日はのさっぶ岬に行こう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。