スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬師平の奇跡


1253796322-2009092313180000.jpg

自転車で100名山を巡り始めて早くも6年、70座近くを登った中の最大の出来事を携帯からアップします。

雲の平キャンプ場から薬師平のキャンプ場に早々と到着したのでシュラフに潜ってうつらうつらしているとテントのすぐ外で、1、2、3、4 ・・7、8 と体操をしているらしい掛け声がした。以前、雷鳥沢で隣同士になった某女子大のワンゲルが毎朝ラジオ体操をしていたことを思い出して、テント場で体操をするのは女子大ワンゲルの特徴とばかりに、「何処の女子大?」と厚かましくも声を掛けた。
なんと、我家と同じ兵庫県に在る関西学院大学ワンゲルの女性4人組だった。構成は2回2人、3回2人の4組でリーダーは3回生だ。

私が川西市在住と自己紹介して、場が和んだ為か単にその場所が適当だったのか、私のすぐ隣にテントを張ってくれるようだ。

RIMG4075_convert_20091030101655.jpg 

自転車で100名山を巡る旅でお嬢さんに囲まれた唯一のポートレート。これこそ奇跡の奇跡だ!!


「フレームを持って下さい」とのリーダーの声に応えて「ハイ」と全員が合わせて返事をすとリーダーが「OKです」と答える。続いて「テープを留めてください」「ハイ」と声を返して「OKです」と続いて、最後にフライを固定してテントが完成したようだ。 動作そのものを見ていなくてもキビキビした動きが手に取るようにうかがえる。
暫くして、テント内では食事の用意が始まったようだ。「ご飯を掛けて下さい」「ハイ」と全員が応えると「OKです」とリーダーが確認する。この3つのステップでテント生活は進むようだ。

楽しそうな談笑の間にも、突然に声を改めて「○○をしてください」「ハイ」「OKです」と確実に作業モードに入り、一つの仕事が済むと何事も無かった様に談笑に戻った。安全科学上も談笑モードと作業モードを明確に切り替えてミスを防ぐ優れたシステムである。関学WVの優れた伝統なのだろう!!

やや時間があって、二人の若者がやって来た。テント場はガラガラにも関わらず、関学テントと私のテントの間に割り込んでテントを張った。それに、あろうことか、レディスのテントの玄関口の真正面に自分達のテントの入口を真正面に設けた。それも1mも距離が無いというのに、なんとも無礼な厚かましさで全く礼儀を弁えない輩だ!!

まあまあ、それはそれとして、旅から帰ったら(10月半ば予定)関学WV4レディとの奇跡の記念写真をUPします。

 

今日は9月24日、午前5時、快晴。私はテントを残して薬師岳に向かう。

関学4レディスは鷲羽から三俣蓮華方面に向かうとかで、出発前のラジオ体操を静かに静かに。何とも行き届いた事だ。未だ寝ている人への配慮だろう。彼女達の山行生活の豊かなることをお薬師さんにお祈りしよう。

 

RIMG4195_convert_20091030101545.jpg 

クリヤ道から笠岳に向かう途中で関学パーティーと再会出来た。


また、今日は同じ兵庫県の稲美(いなみ)山岳会の4人の方ともお知り合いになれたのも大きな収穫だった。この会は沢登りとヤブコギが得意とかで、今回は黒部上の廊下から赤木沢、それと薬師沢を楽しまれたそうだ。
帰宅後に同会のホームページを視る楽しみがまた一つ増えました。                    以上

スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

tag : 関学 ワンゲル WV 薬師

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございます♪

お疲れ様です♪
ピンクTシャツを着てたサブリーダーです
笠ヶ岳の下りで再会できて嬉しかったです!!
無事、下山できました★
早速、ブログ楽しく読ませて頂きました
タイトルに笑っちゃいました♪
お誉めの言葉を頂きありがとうございます!
自転車で100名山、頑張って下さいね!

Re: ありがとうございます♪

関学WVのみなさん
 メールをありがとうございました。
 皆さんとの出会いのブログに写真をアップしました。またご覧ください。

 また、何れかの山でお目に掛かったらよろしくお願いします。



> お疲れ様です♪
> ピンクTシャツを着てたサブリーダーです
> 笠ヶ岳の下りで再会できて嬉しかったです!!
> 無事、下山できました★
> 早速、ブログ楽しく読ませて頂きました
> タイトルに笑っちゃいました♪
> お誉めの言葉を頂きありがとうございます!
> 自転車で100名山、頑張って下さいね!
プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。