スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9日目 5月 3日

 昨日は納経の時間に間に合わなかった津照寺(しんしょうじ)にお参りする。納経帳の受付は7時からなので、ゆっくり寝ていたかったが朝が早い漁師関係の建物の庇を借りていたので何時もと同じ時間に起きた。

 起床は4時15分。晴れ、18℃。
 出発は6時。


 津照時が在る室戸市室津は山に囲まれた細長い小さな港て、古くから航海の要所で土佐の国守に赴任した紀貫之もここに上陸した。






25番札所 津照寺

 先ず階段を上って本堂に お参りする。








 次いで大師堂でお大師さんとお話する。「お大師さん。母は元気にしていますか。寝込む事になった大腿骨折もなおりましたか。父も足を傷めていましたが、もう、痛がっていませんでしょうか」。「どうか一日も早く会わせてください」。




 今日は午後からは雨が予報されている。降り出すまでに道の駅・田野駅に着きたいので急ぐ道々、鯉幟が
勢い良く泳ぐ季節だ。地方ごとに色々な幟があるが、特に特徴あるものは土佐の鰹のぼり、また室戸では胸ひれが大きな鯨のぼり、北海道の鮭のぼりなどを見た。長野県の安曇野では3m角程の武者絵の幟・フラグが印象的だった。
 


 ここ土佐でも絵を書いた幟が見られる。縦は2m、横は3
m程の大きさだ。





26番札所 金剛頂寺

 山の上にあるお寺で、昨年は下り道で迷って散々遠回りした。納経所で下山道をしっかりと聴いたので問題無く国道に出られた。








 吉良川町には壁に水切り屋根を設け、土佐石灰と黒石などで常襲する暴風雨から建物を守る建築が進んだ。

 




 今夜の予定地、田野駅に早々と着いた。 13時50分。27.3km。 まだまだ歩ける時間だし、未だ雨も降っていないが落ち着くことにした。
 この駅にはサイクリング中の若者が何人も泊まりに来た。彼らとのサイクリングはなしに花が咲いた。
 新潟から自転車お遍路の若者、日本一周、ゴールデンウイークだけの名古屋からの法学のフェローなどなど。
 中でも法学者は元山岳部で、今も山歩きをするなど私の趣味とも重なったので楽しい話が出来た。

 雨は夜中から少し降り出した。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。