スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37日目 快走 襟裳岬

起床 4:00 快晴

出発 6:22 快晴 12℃


広尾の町を出ると直ぐに黄金道路になる。黄金道路31kmの内40%はシエルターで20%はトンネル(全くのやまかん)。兎に角、お金を敷き詰めるほど建設費が高くついたので黄金道路というらしいが、シエルターとトンネルの長さからだけでもコスト高は頷ける。






北海道で一番長い黄金トンネルは5940mだ。12年前には建設工事をしていた新しいトンネルだが歩道は無い。





広尾から黄金道路を29.6km走った。望洋台についた。もう、黄金道路も終点がまじかだ。







襟裳岬の襟裳神社の祭礼日だ。
若者たちの御神輿、中学生の御神輿、小学生のおみこしも、全部のおみこしは人が担いで練り歩いている。更に、おはやしの太鼓も笛も生演奏だ。人口減が激しい地域ではおみこしを担ぐだけの人数が集まらず御神輿はトラックに載せて、お囃子は市販のCDをスピーカーから流している。
旗持ち、幟もちなどなど大人も子供も、皆が祭りを楽しんでいる。







襟裳岬からの道は競走馬の牧場が多い日高地方だ。
ハイセイコーも日高産だ。
トイレの取手も蹄のオブジェ。






トイレの中はまるで馬の美術館だ。ステンドグラスに見惚れた。










街灯も馬。






今夜は浦河情報ステーションという無料のライダーハウスに泊まる。












ライダーハウスの裏は苫小牧から様似(さまに)までの鉄道が有ったが、今は廃線になったのか線路は既に赤錆におおわれていた。
すぐ裏は太平洋、海抜5m。






今夜はチャリダーが5人。
昨日、広尾駅で一緒だった若者や稚内の北ドームで知り合った若者もやって来た。
中でも、広尾からの若者は左手が生来の不自由故に、左手では変速機が使えない。それを克服して、敢えてママチャリでの日本一周に打ってでたのだ。北九州から日本海沿いにやって来た努力に敬意を払いたい。私も彼に劣らないように後一年は頑張りたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。