スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012自転車で100名山

9月28日出発。いよいよ近畿、中国、四国への旅の始まりだ。69歳の体力と意志を評価する機会である。

最初の目的地、伊吹山迄は約500kmである。ここ2、3日は少し気温が下がったので一日当たり100km走行を予定する。その為に真夏にも一日100kmランのトレーニングを積んだ。
一日目は小田原城の藤棚駐車場。ここは毎年お世話になる。小さな庇しか無いので雨はしのげない。約120km走った。

次は、問題の箱根である。昨年は、殆どずっと押し続け。こんなしんどい自転車旅はもう止めよう、と何度も思いながらようやく越した箱根峠だった。この醜態がトレーニングの必要性を再認識させた。そのかいがあって、今年は時々は、押したが殆ど乗り越えた。昨年の醜態は年齢からのダメージではなく、単に一年間の生活態度の表れだった。まだ、行ける。旅から帰っても今年もトレーニングを頑張ろうと思った。目的の富士川大橋下の定宿で爆睡。

浜松では、昨年見つけた風呂屋が発見できず。ショック。公園の水道でタオルを絞って身体を拭きました。シャンプーは特に気持ち良かった。
旅では私の自転車旅行に注目されて、自転車旅行をしたい若者とも話をする。一方、堅実な人生を歩まれた方との話は非常楽しい。今朝、散歩に来られたMさん。お歳は多分同じ位だろう。人を使っての日々のご苦労が重厚さを漂わせている。往年の大スター佐分利
信のような。サイクリングがご趣味とかで、同好者としても楽しいお話だった。人との出会いが旅の楽しみだ。
名古屋市南部の大高緑地公園。ガードマンは環境が良くないから注意を促した。ここは初めてだが、トイレと水道は良いが東屋が丘の上で自転車を上げられない。また、水道水がやたらと不味い。
今日は暑かった。10時を過ぎると30分毎にアイスかジュースを飲んでオバーヒートを防ぐが、12時頃には日影で暫く昼寝。また、午後はエネルギー切れを防ぐ為に積極的にパン等をたべる。今日も100km走った。柔軟体操のお陰で腰の痺れはない。

台風が接近している。伊吹山に登るには明日は貴重な晴れ間になるだろう。
関ヶ原を過ぎて、いよいよ伊吹山の山麓に入る道の近くまで来たがコンビニが無い。これでは明日の行動食が無いので登山はできない。不安に駆られながら、昨年のコンビニを目指した。ようやくパンを手に入れて三ノ宮登山口に向かう。
登山口の神社前の広場はキャンプ禁止だ。ここはやはり、バス停のお世話になる。
ここ迄、約500km 一日100km平均である。

次回は伊吹山登山をレポートする。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。