スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15日目 10月11日 いよいよ九州入り

 寒冷前線の南下の強い雨が上がったので雨宿りをしていた貿易センタービルを出た。


 安徳帝を祀った赤間が関の前を通って関門海峡人道トンネルに行く。この道筋は壇ノ浦や幕末期の馬関戦争の旧跡などが在るが、道路の海岸側をマンションが占めてしまって眺望を奪ってしまっているのが残念だ。


 関門海峡の人用トンネルの通行料は人は無料、自転車は20円を自己申告で料金箱にいれる。エレベーターで人道までおおよそ建物の10階に当たる深さまで下りるが、エレベーターの箱は一辺が3mほどで何の飾りも無い殺風景なものである。



 人道の長さは約1㎞で、それの半ばまではゆるい下りだ。海峡トンネルは二階建で人は一階部分を歩き二階部分を自動車が通るので、時々ドドンと音が響く。
 昨年の偵察した時には、夕刻になるとトンネル内でジョギングを楽しむ人10人余りが何度も往復していた。外界の気温や晴雨に影響されず自動車の心配も無いのでなかなか良いグランドということだった。




 自転車を押して10分余りで対岸のエレベーターホールである。エレベーターで地上に出ると九州である。10年計画の最終目的地への旅が始まった。
 緊張と現実は別物で、早速道を間違えて新門司港のコンテナヤードに迷い込んだ。その様な失敗は有ったが行橋市の公園に辿り着いた。
 九州の1泊目である。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。