スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34日目‐2 10月30日 キャンプ村くすくす

 宮之浦港で下船してふらふら歩いている時に声を掛けられた。
 髭面の中年男性なので、もし私が女性ならチョット構えてしまうかも知れない。幸いにもビビる状況でもないし、10年の旅が余裕を与えた。

 屋久島でテント泊を志す者の多くは屋久島空港近くのライダーハウス Tを予定する。ツーリングマップルにはTだけが掲載されているせいでもある。実は私もその予定だった。



 

 先の髭面の男性はキャンプ村くすくすのマスターMさん、美女はスタッフのAさん。残念ながらAさんは大阪に帰りましたが・・・・残念!! 人生の殆どを大阪で過ごした私には彼女の大阪弁が心地よかった。もっと、お話したかったな~~~




 

 テントサイトは上下に在って下側のテントサイトは南洋樹のガバの木立の間に在り、上段は芝生だ。
我々には馴染みが無いガバは丁度レモンサイズだ。
 テントサイトには荷役用の大型パレットが置いてあるので使うかどうかはキャンパーに任されているが私はパレットを使ったらテントの裏が湿気ずに快適だった。






 放し飼いの鶏がテントサイトを常時パトロールしている。この雄鶏の重要な仕事は早出の登山客が寝坊しないように起こして回ることだ。寝坊を決め込む人には・・・・強敵。
 他に甲斐犬の雑種が1匹、猫が1匹。
 動物との共存生活が好きな人と無用な拘束が嫌いな人には良いテントサイトと思う。


 縄文杉や白谷雲水峡へ行く登山客にっとっては楠川歩道がテントサイトから徒歩4分というのは有難い。私はこの道を登り下りに使ったが静かに歩けた。




 東京の成城大学のワンゲル。想い出一杯のWV。一人ひとりとハグをしたい気持ちが一杯だった。どうか楽しい山生活と幸せな日々を築いてください。








一泊だけで帰る人、私のように島を脱出出来ない人。
 帰る人を見送るのは辛いと言うマスターMさんの気持ちが乗り移った私。皆 また 会おうな~~。


テントむらくすくすの情報

 テント泊1人1泊700円、前出のライダーハウスは800円だ。
 二段ベッド男女別相部屋は1泊2000円。
 自分のシュラフ持込は1500円(くすくすのオリジナルサービス)。
 シャワーや洗濯機はシャンプーや洗剤が付いているので1回200円。


 ホームページはhttp://y-island.sakura.ne.jp/kusukusu
 mail kusukusu@po4.synapse.ne.jp
 Tel & Fax 0997-42-1667



 追伸
 10月30日以来、ここを拠点にして縄文杉や宮之浦岳に登頂したり、自転車で屋久島を周回したり色々楽しんでいます。
 今日は11月13日、未だに居付いています。

 屋久島は不思議な所です。一度迷い込む?と脱出をするのには多大なエネルギーを要しますので、半土着状態です。
 1泊や2泊で宮之浦岳だけにさっさと登って帰ろうというのは不可能です。島が返してくれません。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。