スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36日目 11月1日−1 想い出の小杉谷小学校

 今日は天上回廊(私のネーミング)の後半部で歩く道を確認の為に山に入った。



 安房から荒川三叉路までバスに乗って、荒川登山口まで歩く。
荒川三叉路から先はゲートが有るので一般車は入れないが、屋久杉自然館からのデマンドバスは荒川登山口まで運行している。




 荒川登山口までの道は緩やかな下りで左に太忠岳が見える所が有る。




 1時間弱で荒川登山口だ。トイレなども有る。動力車もも保管されている。






 ここからはトロッコ道で昔の森林鉄道の線路道を歩く。今も保線作業が行われていた。









曲がりくねった道を短いトンネルや鉄橋で35分ほど歩くと







 
 小杉谷小・中学校の跡地だ。
 校舎が立っていた一段高い敷地も校庭も大小の杉に埋もれて、ただ石垣だけが変わらないようだ。
 私が来た1960年頃は子供達が校舎の窓からイガクリ頭を突き出して自分たちの勢力圏に侵入してきた外来者を視ていた。しかし、私達がここを通ったのは8月上旬で夏休み中のはずだから本当に校舎に子供が居たのか今は不自然に思う。しかし、荒削りの木造校舎だったことは事実だろう。




 学校跡地のすぐ横には休憩所が作られ水がとうとうと流れている。




 小杉谷事業所跡は杉に呑み込まれているが、ここに集落と作業所が在った記憶を大切にする為に《屋久杉と共に》の記念碑がある。この周辺に450人も生活していたとは思えないほどの狭い場所だった。


 この後、白谷雲水を経て楠川歩道で下山した。この部分は天上回廊の最終部に当たる。
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

自転車で100名山

Author:自転車で100名山
10年計画で自転車だけで100名山を完登した記録。登山旅は旅程そのものがドラマだ! 定年からの100名山は自転車の旅で楽しもう! 
トムラウシへの道には車輪よりも大きなフキが群れている。

検索フォーム
自転車で100名山
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。